カントン包茎 真正包茎 仮性包茎 上野クリニック

カントン包茎(houkei)

カントン包茎を無理にむくと、包皮が鬼頭にひっかって、戻らなくなってしまうことがあります。そうすると、鬼頭が、リンパ液で、腫れあがってきます。一刻も早い治療が必要です。

仮性包茎(重度)(houkei)

仮性包茎の場合は、重度の場合でも、抵抗なく、手でむくことができます。

仮性包茎(軽度)(houkei)

勃起時に鬼頭が完全に露出するようでも、皮に突っ張るよな感じがあれば、カントン包茎の疑いがあります。

真性包茎(houkei)

真性包茎の場合、平常時は、鬼頭が露出していません。 勃起時でも、鬼頭を完全に露出させることができません。
真性包茎やカントン包茎の手術の場合には、医療保険が適用されます。だから、専門のクリニックではなく、泌尿器科で安く、手術をすることができます。

 

>>>上野クリニックの公式サイト

 

次のページへ包茎手術の術式のメリット・デメリット

 

TOPページへ上野クリニックの包茎手術の評判,口コミ情報

上野クリニックの料金プラン

上野クリニックの料金

⇒上野クリニックの公式サイトはこちら

札幌,仙台,新潟,大宮,上野,新宿,横浜,千葉,名古屋,京都,大阪,岡山,広島,福岡

ABCクリニックの料金プラン

ABCクリニックの料金

⇒ABCクリニックの公式サイトはこちら

札幌、仙台、大宮、船橋、新宿、神田、立川、横浜、名古屋、梅田、なんば、高松、広島、天神

東京ノースクリニックの料金プラン

東京ノーストクリニック料金表

⇒東京ノースクリニックの公式サイトはこちら

札幌、盛岡、仙台、郡山、新潟、金沢、長野、上野、新宿、渋谷、町田、八王子、横浜、千葉、大宮、水戸、宇都宮、高崎、甲府、名古屋、豊田、岐阜、静岡、大阪、梅田、京都、姫路、広島、岡山、高松、福岡

包茎の種類 カントン包茎 真正包茎 仮性包茎 上野クリニック関連ページ

包茎手術の術式のメリット・デメリット
麻酔の基礎知識
溶ける糸、抜糸の時期